公益財団法人金子国際文化交流財団、アジア、奨学金、

Cambodia Scholarship Project カンボジア奨学金事業

カンボジア奨学金事業について

CJFS校門

写真(2019/11/15撮影):「カンボジア日本友好学園」の学校敷地内から校門を望む。写真右奥に見えるのが校門。木陰を作るための樹木が多く植えられている。校門の左側に図書館棟がある。生徒の多くがバイクか自転車で通学している。(バイクに運転免許制度が適用されていないため中学生でもバイクに乗れる)

 

 

 カンボジア奨学金事業は、平成29年度(2017年度)から内閣府の認可を受け開始しました。
 この事業はカンボジアのプレイベン州にある「カンボジア日本友好学園」(高等学校)の卒業生(カンボジア人)のうち、カンボジアの大学に進学した学生の中から選抜して奨学金を支給するものです。
 カンボジアの自然科学系、社会・人文学系など、いろいろな大学に進学する同学園の卒業生に奨学金を支給します。

 

 カンボジアの就学状況は次のようになっております。2018 年の高等学校卒業試験は8月 20〜21 日に実施され、7万 6,034 人が合格(合格率は約 67%)となりました。 2016-17 年の実績で見ると、就学率(小学校 93.5%、中学校 55.7%、高校 25.1%)、中途退学率(同 4.6%、同 17.0%、同 19.4%)、卒業率(同 79.9%、同 42.6%、同 20.2%)とも(いずれも私立学校を除く数値)、十分な状況にあるとは言えず、少なくない学生が依然として中途退学となっています。(JICAカンボジア/TVETプロジェクトの「カンボジアにおける教育と職業訓練の現状」より)

 

 本事業を開始するにあたり内閣府への申請書類提出時は、小学校70%、中学校17%、高校10%、大学1% と 言われていました。(外務省HPより)
 当時よりは改善されてきたとはいえ、就学状況はまだまだ極めて低い状態にあるといえます。
 これから社会を担う若者が十分な知識を得ることができれば、カンボジアの社会的・経済的発展への貢献は計り知れません。そこで毎年新規に学生5人に対して、4年間にわたって返還不要の奨学金を支給します。
 人材の育成を通じてカンボジアの学術及び科学技術の振興に貢献いたします。よって、日本との友好関係の高まりをもたらし、やがては日本の学術及び科学技術の振興に波及するものと考えられます。


奨学金受給生の現況

令和2年(2020年)11月現在のカンボジア奨学金受給生は下記のとおりです。
カンボジアの奨学金事業を開始して今年で4年目になりました。
現在支給対象となっている奨学生は20名です。
通常、カンボジアでは新学期は11月に始まります。

 

 コロナ禍の影響でカンボジアでも対面授業が困難になっています。大学や担当教授によってEラーニングの進み具合が異なるところもあるようですが、在学生はEラーニングでの授業により概ね通常の日程で授業が進められている様子です。

 

大学4年生

大    学 専    攻
1 University of Health Sciences Medicine(医学)
2 Royal University of Phnom Penh Mathematics(数学)
3 Norton University Civil Engineering  (土木工学)
4 Royal University of Phnom Penh Physics(物理学)
5 National University of Management Finance and Banking(ファイナンス)

 

大学3年生

大    学 専    攻
1 Norton University Civil Engineering  (土木工学)
2 Institute of foreign langage Japanese Literature  (日本文学)
3 Institute of foreign langage English Language   (英語学)
4 Royal University of Phnom Penh Environmental Sciences(環境科学)
5 Royal University of Phnom Penh Civil Engineering  (土木工学)

 

大学2年生

大    学 専    攻
1 Belti International University English (英語)
※ 2 Pannasastra Univerisity of Cambodia Business Administration  (経営管理)
3 Institute of Technology of Cambodia Food Chemical Engineer (食品化学技術)
4 National Polytechnic Institute of Cambodia Mechanical Engineer (機械工学)
5 Royal University of Phnom Penh Biology  (生物学)

 (※ 2  この学生はネット環境が整わなかったためEラーニングが受けられず、休学中です。) 

 

大学1年生 COVID-19の影響で入学が遅れ、本来は秋入学なのですが3月15日から大学が始まったようです。通常でしたら1学期が終わりかけている時期なのでこれから授業が始まることに対して心配が山積みです。なんとか頑張ってほしいです。

大    学 専    攻
1 Royal University of Phnom Penh Information Technology of the Faculty of Science(理学部情報技術学科)
2 Royal University of Phnom Penh Mathematics(数学)
3 Norton University Architecture Department of Science(理学部建築学科)
4 Royal University of Phnom Penh Institute of Technology(工学部)
5 Royal University of Phnom Penh Information Technology of the Faculty of Science(理学部情報技術学科)

 

カンボジア奨学金のはじまり

カンボジア奨学金事業開始までは全くカンボジアとの直接の交流がなかった本財団がなぜカンボジアの学生に奨学金を支給することになったのか、経緯をご説明させて頂きます。
 本財団の青木茂男理事長と小林秀行元理事が茨城キリスト教大学で教鞭をとっていた当時、同じく同大学で教鞭をとられていた藤田悟先生との交流がきっかけでした。
 藤田先生は2004年9月から若者たちと「日本語教育ボランティア」という活動でカンボジア日本友好学園(CJFS)に滞在し、CJFSの中学生たちに日本語と英語を教えていました。その交流の中で藤田先生はCJFSの高校を卒業してもお金の問題でほとんどの子が大学に進学できないこと、文系の大学なら授業料はわずか5万円程度であることを知り、CJFS卒業生の学資を支援する目的で「カンボジア日本友好学園友の会」(「友の会」)を設立しました。
 「友の会」は奨学金を提供するサポーター募集などのほか学生たちの情報収集をしたりして日本との橋渡しを担い、その運営方針は基本的にサポーターは同一の学生を 4 年間サポートすること、学生からは年間最低 3 回の報告の手紙が届きます。
 本財団はこの事業を開始するにあたって「友の会」に多くの情報を提供して頂きました。

「カンボジア日本友好学園友の会」

「カンボジア日本友好学園友の会」では年に2回ニュースレターを発行しています。
本財団が奨学金を支給するようになり藤田先生からのご依頼でこれまで何度か寄稿させて頂きました。寄稿部分のみ抜粋してご紹介いたします。

ニュースレター27 見出し
カンボジア日本友好学園友の会ニュースレター27より抜粋
 ニュースレター27.pdf

ニュースレター29 見出し
カンボジア日本友好学園友の会ニュースレター29より抜粋
 ニュースレター29.pdf

「カンボジア日本友好学園友の会」連絡先:
〒145-
0065 東京都大田区東雪谷4-5-1 藤田気付
 e-mail : friendsofc_j@yahoo.co.jp

 

カンボジア訪問

2020年秋ごろ、昨年と同様に現地に赴き奨学生たちとの交流をはかる予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で実現できませんでした。
来年は訪問が実現できることを願っています。

 

以下は昨年の様子です。

 

2019年11月、本財団の蜿タ理事・吉田理事・奥沢事務局長の3名が「カンボジア日本友好学園」を訪問するとともに奨学生と面談を果たしました。(写真をクリックすると拡大します)

 

夕食会1夕食会2
奨学生15名のうち1名だけ忌引きの為欠席しましたが、他の14名と夕食会を催しました。一人ずつ全員に近況報告をしてもらいました。

夕食会集合写真
夕食会には「カンボジア日本友好学園」代表のコンボーン氏と
「カンボジア日本友好学園」校長のイム・ヤ氏も出席して下さいました。

夕食会集合写真 夕食会集合写真
「カンボジア日本友好学園」の校庭。授業は午前は7時〜11時、午後は2時〜4時です。高校卒業資格試験の合格率がプレイベン州の中ではトップクラスなので、入学希望者が増加、その為カンボジアでは珍しい入試(合格率50%)があります。中高一貫校のため中途編入はできません。この日は「奉仕活動の日」で、7時に朝礼があり、その後全校生徒が道具を持ち寄って敷地内の草むしりや清掃、掲示板の補修等をしていました。一応、上水道は普及していますが学生も教員も飲料水としては皆ペットボトルを利用していました。空きボトルを校庭の一画の大きな籠で収集し、定期的に業者に引き取ってもらい、その収益は学校の運営費の一部にしているそうです。

国旗 職員室
「カンボジア日本友好学園」ではカンボジアと日本の国旗を掲揚していました。日本からの援助が多く、日本の礼節を学ぶ意味での日本語教育も授業に取り入れられています。職員室の入り口には日本語で「職員室」と表示されていました。

 

トップへ戻る